フラガールALOHAのアンチエイジングで永遠に美しく

50代でも遅くない!アンチエイジングで時計の針を逆戻りさせる美容液などのレビューBLOG♥

知らなかった!女性に多い膝の痛みの対処法

ALOHA🏝🌈

 

最近膝が妙に痛かったりする😅

でもずっとじゃないので忘れるんだけど、ふとしたときにまた痛い。

 

今思えば、思い当たる節があった・・・。

 

それはフラの「コアリ」の踊りの中に、両足レレをしながら徐々に下に下がっていくのだけれど、膝が支えきれてなくて、我慢しながら耐えて踊っていたのです。

何度も何度も(スパルタちっく)💦

それからだな・・・・

 

 膝に無理な負担をかけて踊っていたのだった。

 

 

f:id:alohabeauty:20200330195910j:plain

 

普段何も運動をしていない人が、運動不足の解消を目的に始めたヨガやダンスで膝関節を傷めることがある、という。

 

普段から運動してるんですけど、わたし、それですか?(><)

 

新型膝痛とも言われ、放置したり無理に運動を続けたりすると、最終的に変形性膝関節症につながる可能性がある、という。

 

どうしましょうΣ(゚Д゚)

 

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減り、痛みや変形が表れる病気で、加齢とともに患者数は増え、特に女性に多くみられる。脚の形も膝の痛みに影響する、らしい。

 

日本人の場合、膝関節の内側の軟骨が減ってO脚になる傾向が強く、膝の内側に痛みが生じやすい。膝の痛みを助長させる大きな要因として、肥満と脚の筋肉不足がある。

筋肉は骨と骨をつなぐだけでなく、その間にある関節を守る働きもしているので、筋肉がないと、ちょっとした運動でも膝に痛みが出やすくなるんだそう。

 

膝の痛みの軽減や予防には、体重を守り、下肢の筋肉を強化することが重要で、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋力トレーニングから始める必要があるらしい。

 

筋肉が付くと膝関節が守られるだけでなく、代謝が上がる

 

80代の人でも、筋力トレーニングをすると筋肉量が増えるとのことなので、今の私にも遅いことはないということなので安心しました😅

 

ジムに通ったら手っ取り早いのかも!

 

f:id:alohabeauty:20200330222721j:plain

 

いえいえ、そこは時間とお金を節約し、またコロナで自粛も兼ねているので、お家でマイペースに始めることにしました😁
 

膝関節の軽減と予防対策

f:id:alohabeauty:20200330200003j:plain

 

<エクササイズ>

 ・椅子に座りながら、片足ずつ膝の曲げ伸ばしをする
 ・背筋を伸ばして座った状態から、立ったり座ったりを繰り返す

 

medical.jiji.com

 注意事項

◆O脚の予防には、座るときや歩くとき、自転車をこぐときなどに膝が外側に開かないように意識する。
◆靴底の外側が減っていたら早めに交換
◆スポーツ用サポーターで膝関節を安定させるのもよい

 

40~50代の頃からこうした筋肉づくりと膝を守る工夫を習慣化すると、膝の痛みを起こしにくくなるという。

 

その他にも大切なこと

 

筋肉をつけるには食事や睡眠も大切になってきます。

 

肉や魚、卵、乳製品、大豆製品の5大タンパク源のうち毎食2種類以上と、ビタミンやミネラル類も摂取しなければならない。

 

f:id:alohabeauty:20200330200042j:plain

 

そしてもうひとつ、コラーゲンを増やすのもあり😊

 

www.aloha-beauty.net

 

じつはこの記事を書いていた時にはまだ膝のことは考えていなかったのです。

 

世の女性はコラーゲンが不足し始めるとお肌だけじゃなく、膝にくるのね、と自分がそうなって納得しました^^;

こうなった以上、膝へのコラーゲンを増やすために一番コラーゲンドリンクの中では安心でコストが安かったこの定期便を頼むことにします。


なんとか 自粛中に膝筋肉を鍛えて、フラレッスン再開までに膝を完治させるよう、努力しなくちゃ✨

 

 

MAHALO💙